小細胞肺がんの症状 及び特徴

 

肺がんの症状としては、咳、発熱、胸痛、背痛、および息切れ、咳をして血を吐き出す、声がかれる,或いは 顔や首が はれることです。

進行すると 呼吸困難、体重減少、頸部リンパ節の腫大、上大静脈の閉塞による上半身の浮腫

又、神経まで おかされると、腕に痛みや痺れを感じたりすることもあります、又 全身倦怠感などの全身症状があらわれます。

又、稀に、顔が腫れて丸くなる ムーンフェイス症状があらわれることがあります。これは、がんの影響で

異常なホルモン産生がされる為に発生します。

又、血糖値が上がる、血圧が上昇するといった症状が出ることもあり、肥満になる場合もあります。



肺がんの特徴は非常に増殖スピードが速いことです。

その為 他に転移もしやすく、脳、骨、リンパ節、肝臓などへの転移が多く見られます。


肺がんについて抗がん剤が有効であるという説明が多くありますが、これは抗がん剤を使うとがんが一時的に小さくなったり、

見た目に消えることがあるという意味であり、決して根治する確率が高いという意味ではありません。

むしろ、抗がん剤が効かないと言われる 非小肺がんに比べ、小肺がんの方が治療の選択肢が少なく、

生存率も同等か、それ以下というのが実情です。

一般的には 小肺がんの治療にはさまざまな抗がん剤を複数組み合わせて使います。


肺がんの最初に戻る