肺がん治療

肺がん治療 云々を語る前に!!

私は 埼玉に住む深谷三能と申します、以下のように千数百年に亘り全ての時代の政権に入り国にご奉仕申し上げて来た家の者です。
情報不足の方は とても信じられないと思いますが 人名事典で確認願います。
日米和親条約は 深谷が穏便政策を取った結果です。http://www.myouji.org/fukaya/fukaya.htm
医療関係も 最も確実な方からの情報です。ネット上からの情報は うわべの情報しか得られないことを知るべきです。
身近には このような人もいます(元医師会の会長 及び大臣)。

医療関係に不利な情報は 学会も受け付けず、治験もさせないのが現状です。ですから、「」で癌が治る割合などの
比較データも作らないので公式なデータは無いのです、しかし、野島クリニックには 問診票が保管されているので 肺がんが完治
或いは 改善した患者のデータ(肺がんだけとは限りません)は 山とあります。

又、以下のようなマル秘情報もあるのですよ(末期の場合)。
「築地の国立ガンセンター(胃ガンの治癒率、世界一)東大医学部出身の主治医が、「自分は毎日切った張ったばかりやっている。
1〜2期のガンなら腕の奮いようもあるが私のところにくる患者は3〜4期の人ばかりで無力感を感じる日が多いんですよ」と。

◎ご存知の方も多いと思いますが数年前に慶應義塾大学病院の近藤誠医師が 「患者よ、ガンと闘うな」との著作を通し、
  末期ガン 患者に抗がん剤を使うなと訴えられました。
   近藤医師は末期ガンが治ったと称する症例を分析すると全部、小規模医療機関ばかりの「ガンもどき」だ。
「大学病院クラスで末期ガンが完治した例は聞いた事がない」と。
近藤医師自身、末期ガンの患者には直接、間接を合わせると15,000人に関わったが一人の生還者もいない
だから医師の経済優先の論理で末期ガン患者に抗がん剤を投与し、いたずらに患者を苦しめたり、死期を早めるのはやめよ!
との週刊現代紙に掲載された主張に反論した医師はゼロだったとの事。」

以上のような現状を把握して 及び野島医師の事を語るべきです。
名無しの権兵衛の伝言板のページは  ミネラルの知識が無い者が記したページをもとに作成した回答であり、野島医師に対する余りにも偏った回答です、
又、知恵袋などのベストアンサーなるページも 質問者がベストと思っただけで 必ずしも正しいとは限らないことを知るべきです。
長所も記すべきです。博士は 「名誉毀損で訴える」と おっしゃっています。

ある種のミネラルは 体内の様々な酵素を活性化します、第5の栄養素でもあり、薬になっているもあります。

つい最近次のような発表がありました。
「東京大医科学研究所では最近相次いで新しいがん抑制遺伝子を発見しました。一つはP53R2という遺伝子。P53からの出動命令を受けて、
傷ついたDNAを取り換えるためにその遺伝子のそばまで急行し、修復用DNAを合成して供給する酵素を出すことをつきとめました。
二つめはアキシンという肝臓がん抑制遺伝子の発見。大腸がんにも効果があことが分かり、今後これらの「がん」の遺伝子治療に応用されるでしょう。 」と。

80、90歳の元気な老人は 大正時代から昭和の初めにかけて富山の薬箱を身近に置いていました。
熱が出ては その薬を飲んだのです。所謂 漢方薬です。
漢方薬と言うのは 何から出来ているかを考えてください。

特別な薬草です。薬草と言うのは 特別な植物を そう呼ぶのです。
アロエ、冬虫夏草(虫草)や、まいたけのような茸、朝鮮人参は、地面から肺癌治療を吸収する力が強い為に他の植物より豊富に(
マグネシウム、バナジウム、チタン等、微量だが必要なミネラル)が 含まれています。典型的な砂地(元は岩)に生息するアロエを思い出せば理解が早まります。
ご存知のように植物は どこかに飛んでいって効き目のある物質を あさってくるのではなく 地中から必要な成分を吸い上げて成長します。
豊富な肺癌治療を吸い上げた植物だけが 昔から薬草と呼ばれているのです。生息地は 岩場の土壌です。特に中国の特別な山脈の麓です。
本当は 日本にも 世界の山脈の麓には 地元の人に薬草と言われているものはたくさんあると思います。

魔法の水と言われているルルドの水(フランス)は ピレネー山脈、ナダーナの水(インド)はヒマラヤ山脈の岩()を雪が削り取って地下に流れた水です。
豊富なを含んでいるから効果が出るのです。
又、効能が有るとされている温泉(玉川温泉等)は が含まれている為であり、これらは皆、地中のに関係しています。
又、海藻類に含まれるフコイダン、深層水にも(マグネシウム、バナジウム等、微量だが必要な)は 比較的多く含まれております。
これらは海中に溶けている微量ミネラルを含んでおります。
又、アメリカで がん治療に使われている「ドクターズセット」も 肺ガン治療が関係しています。
ドクターズセット」とは、「オリーブ葉スーパーエキス」「オーガニックプロポリス」「コルディセプスシナンシス」の3つからなります。
cordyceps sinensis とは、冬虫夏草(トウチュウカソウ)で、しかも、シナ=チャイナ=中国原産と言う意味です。
プロポリスは、ミツバチが様々な樹木から採取した樹脂とハチの分泌物でできた天然の副産物です。
皆、特別なミネラルを吸い上げた草木が関係しているのです。只、それらを販売している方々は 「」がキーと言う事は発表していないでしょう。

尚、とは 辞典で引けば おわかりのように「鉱物・鉱石」なのです。
その鉱物系の薬物が不老長寿の仙人の薬であることは 古代中国の道教の人々の間では 常識でした。
特殊な植物は 根酸と言う酸を根から出して 土の中の石や岩を溶かして 自分の体に必要なを吸い上げるのです。
比較的多く吸い上げた植物が漢方薬として 昔から多くの方々に飲まれてきました。そして免疫力が高まると言う事は どう言う病気に
効果が出るかも推測できると言うものです。逆に免疫力が弱い人は 様々な病気にかかります。強い人は 様々な病気を発症しない
こんなことは 当たり前です、それがわからない名無しの権兵衛が書き込む伝言板があるとは 情けない限りです。
尤も、デタラメ書いても責任が生ずるわけでもないないから間違ったことも書き込めるのでしょう。とても私 深谷には 出来ません。

大化の改新の後の808年に平城天皇の勅命により、典薬頭(テンヤクノカミ)である阿倍真直(又は安倍・アベノマナオ)によって編纂された
「大同類聚方」と言う医学の書物には「硫黄、白雲母、黒石英などのが天然痘や つつが虫病、チフス等の様々な病気の薬である事が書かれてあります。
しかし、効きもいいが効きすぎて 死に至る人もいたようです。毒のの事も記されております。
電話もない江戸時代までは その使用方法・量も正しく伝授されなかった時代ですから 被害者が出ても仕方がなかったと云うものです。
只、は 大量に摂取すると害になります、それが「は危険」と見なされてきたゆえんでもあり、研究されなかった理由です。
又、ミネラルには 拮抗作用と言うのがあって 1種類のを摂りすぎると他のミネラルを排出させてしまいます。
例えば カルシウムの取りすぎは マグネシウムを排出して マグネシウム不足を引き起こします。
そして一番重要なのが は 水に溶けていないと殆ど体内に吸収されないと言う事です。
水に溶けている豊富な種類のミネラルは 魔法の水と言う事になります。

例えばメキシコの東シエラマドレ山脈の麓にある「トラコテ村の水」が魔法の水と言われる事については 「トラコテの水」は、
ウルグアイにあるモンテビデオ総合病院にて、実際に臨床に使われ、その効果が実証されています。この病院のサラベリー医師は、この水を
患者に飲ませて病気に対する効果を調べました。
病院の発表によると、14歳〜84歳までの患者3600人あまりが1日2〜3リットルの水を飲んだそうです。その内29人は病気の進行を止められず
死亡しましたが、残りの患者については80%以上の改善率だったということでした。
しかし、で癌が治ってしまっては 医療関係者は儲からないので 日本では 医師会が認めないので国民は の恩恵を受けられないのが現状です
海外の優れた薬も含めて、医師会・製薬会社にとって都合の悪いものは 輸入規制されてきています。最近は規制も緩和されてきてはいるものの
まだ不十分です。テレビ局や新聞社は 医療・製薬関係から多額の広告費を貰っているので 真実を伝えていないので 殆どの人が知らない現実があるのです。

「これでは あまりにも患者が気の毒だ」と言う事で立ち上がったのが野島医師です。
野島医師は 10年前は 千葉県の保健所の所長でした。患者の事を構わずに医師会の意向に沿っていれば 円満退職し、何不自由なく 定年後も
暮らせる立場にいたのですが 「ガンを治せない医療」に失望し、それなら「自分が治してやろう」と決意して 始めたのが上尾診療所でした。
現在は 都内の信濃町に移っております。尚、野島医師が治療に使っているのは と言う特別なものです。
又、 野島医師は 日曜 祭日も ゴルフや旅行をしているわけではありません、治す為の治療である肺癌治療療法の普及に全国各地、或いは
アメリカで 講演をしているのです。
ロサンゼルスで行った講演会(2009年)では、Japanese Welfare Rights Organization(日系福祉権擁護会<日系人の生活保護・
医療保護>)から記念の盾も貰っています。
以下のページを御覧下さい。
http://www.nojimaclinic.jp/blog/2009/10/

誰かさんのように「大もうけ」をたくらんでいるわけではありません、即ち、私利私欲ではないということです。
皆、患者を救う為にやっているのです、彼は 医者ですから。勿論、末期患者の100人が100人治るわけではありません。肺がん末期も然りです。
逆に、安い治療費でガンを治しているので 医療関係から擁護されないのが現状です。

今の医療の現状は 天動説的な環境にあります。「ああ、それでも地球は廻る」なのです。 ミネラル革命にふみきれば 日本は元気になることでしょう。

「医療を変えなきゃいかん」と、お思いの方は 右記のページへリンクして下さい、「肺がん」の文字から。http://www.haigan.org/

<参考>

肺がんの種類

肺癌は、小肺ガンがんと非小細胞がんの2つに大きく分類されます。

非小肺癌は、さらに腺がん、扁平上皮がん、大細胞がん、腺扁平上皮がん等の組織型に分類されます。
肺がんの発生しやすい部位、進行形式と速度、症状などの臨床像は多彩ですが、これも多くの異なる組織型があるためです。
腺がんは、我が国で最も発生頻度が高く、男性の肺癌の40%、女性の肺がん の70%以上を占めています。
通常の胸部の写真で発見されやすい「肺野型」と呼ばれる肺の末梢に発生するのがほとんどです。肺 がんの中でも
他の組織型に比べ臨床像は多彩で、進行の速いものから進行の遅いものまでいろいろあります。次に多い
扁平上皮がんは、男性の肺がんの40%、女性の肺癌の15%を占めています。気管支が肺に入った近くに発生する肺門型と
呼ばれるがんの頻度が、腺がんに比べて高くなります。大肺癌がんは、一般に増殖が速く、肺がん と診断された時には
大きながんであることが多くみられます。

がんは、顕微鏡で見るとリンパ球に似た比較的小さなからなっております。小細胞がんは 肺がん の約15〜20%を占め、
増殖が速く、脳・リンパ節・肝臓・副腎・骨などに転移しやすい悪性度の高いがんです。しかし、非小肺癌と異なり、
抗がん剤や放射線治療が比較的効きやすいタイプのがんです。


肺がんのトップに戻る                               

                                肺がん治療 情報は当窓口で© 2014-2015