肺がんの転移による症状

 

肺がん がしやすい部位としては リンパ節、脳、骨、肝臓、副腎などがあります。胃の場合は、肺から胃への転移よりも、
胃がんから肺転移の方が多いです。

以下は 症状です。

上半身がむくみ紫色になる
リンパ節への転移により、縦隔(じゅうかく)と呼ばれる左右の肺ではさまれた部分のリンパ節へしたガンが大きくなって、
上大静脈(じょうだいじょうみゃく)が圧迫されるからです。

胸痛や背中痛
胸痛や背中痛は、肺の末端にできた肺野部ガンが胸膜(きょうまく)を巻き込んだり、さらに進行して胸壁(きょうへき)を
壊すような場合に 起こる症状です。

背骨の横の交感神経が侵されると、まぶたが落ちて目が細くなる、汗が出なくなるといった症状がでます。

不整脈等
肺がん が心臓の内部で増殖すると、不整脈、心臓を通る血流の閉塞、心臓の周囲にある心膜嚢への液体の貯留が起こります。
 又、心臓に帰ってくる血管を巻き込むと、顔や手が腫れてくることもあります。

黄疸がでる
肺がん(肺癌)が肝臓にした場合には背中や腰、お腹が張って痛みを感じたり、食欲が落ちてきたり、終始ダルさを感じるようになったり、
時には黄疸がでることもあります。腹水がたまり妊婦さんのようになることもあります。
 

呼吸困難
縦隔(左右の肺ではさまれた部分を言い、心臓、大血管、気管、食道など重要な臓器が入っている場所)のリンパ節が大きくなって、
上大静脈(頭と腕の静脈血を心臓に戻す太い血管)が圧迫されると、上半身がむくんで紫色になり呼吸困難をおこす上大静脈症候群という
状態になります。

脳転移による頭痛
脳にすると頭痛や嘔吐がおこったり、転移した部位の脳の働きが障害されて手足の麻痺や視力の障害が出たりするなど、
傷害された脳の部位により症状が異なります。
肺がん(肺癌)が脳にした場合には、目がかすんだり、ふらふらしたり、半身の麻痺、転びやすい、物忘れがひどくなる、物がつかみづらくなる、
味覚が変わったり、ロレツが回らなくなってきたり、と様々な症状が出ることがあります。


による腰痛などの骨の痛み
肺がん(肺癌)が副腎にした場合にはホルモン分泌に異常が生じるため顔が丸くなったり、骨粗鬆症や多毛になることがあります。
また、悪心や嘔吐、低血圧などになることもあります。

 

*以上の事症が改善されたり 治ったりする理由


肺がんの最初に戻る