肺がん が治る理由

は体を作っている元素そのものであり、の みなもと なのです。

ある種のミネラルを補充すると体調が良くなるのは当然なのです。

何故ならば は がん抑制遺伝子を活性化するDNA修復酵素も活性化させるからです、よって、肺がん にも効果を発揮するのです。

又、ある種のミネラルは、ウイルス感染細胞や腫瘍細胞を排除するNK劇的に活性化する為、効果があるのです。

当 遺伝子ミネラル療法は 肺がん患者に対して、まさかと思わせる完治に導く療法です。

難病に対しての効果を発表した熊本大学のページ

海外の実話

 

            人を形づくっていると言われている34の元素

酸素(O)、炭素(C)、水素(H)、窒素(N)、リン(P)、硫黄(S)、ナトリウム(Na)、カリウム(K)、

マグネシウム(Mg)、カルシウム(Ca)、 塩素(Cl)、鉄(Fe)、亜鉛(Zn)、銅(Cu)フッ素(F)、

ヨウ素(I)、セレン(Se)、 ケイ素(Si)、 ヒ素(As)、ホウ素(B)、 マンガン(Mn)、

モリブデン(Mo)、コバルト(Co)、 クロム(Cr)、バナジウム(V)ニッケル(Ni)、

カドニウム(Cd)、スズ(Sn)、鉛(Pb)、ストロンチウム(Sr)、ルビジウム(Rb)、

アルミニウム(Al)、バリウム(Ba)、 水銀(Hg)

毒性のあるヒ素や水銀も形成要素になっていることがわかります。

以上の元素は、土壌、岩石、に含まれており、海水には、その全てが含まれています。

人間の体は 酸素、炭素、水素、窒素の主要4元素の他、カルシウム、ナトリウムなどの

中間元素で体の99.98%を占めます。普通に考えれば99.9%以上ともなれば、 ほぼ100%で

後は「切り捨てても問題なし」と言う事になります。ところが残りの 0.02%ある超微量元素も

重要な役割を果たしている事がわかってきたのです。(25mプールにゴマ粒1個を入れた量)

そして従来危険とされていた金属元素が微量ならば逆に必要な事がわかってきたのです。

金の粉末(金箔)を飲んでも問題ないように微量ならばこれらの元素は問題ありません。

ヒ素やニッケルも海水に含まれておりますが、海水浴で海水を飲んでも何の問題もでないし、

マグロや鯛が、海中で元気に泳いでいるのを見れば納得できるものと思います。

100歳以上の長寿が多い、 沖縄・奄美大島の人(かまとバア、和泉重千代さん等)肺がん

含んだ海の水が育む海草、魚、地下水を摂っていたから元気だったのです

とは 以上のような物ですが、更に ミネラル療法で使用している微量ミネラルは、

海の水に関係ない鉱物()を使用し、診療所が特別に作らせた濃縮液を使用するので

他の何よりも効き目が良いのです。(海水に含まれているよりも濃い)

       ─────────────────────────────

    

「 有名なフンザ族の人々は、100才を越える年齢でありながらガン、心筋梗塞、関節炎など

生命を脅かすような病気をしない。その長命の原因が、彼らの村シャングリラ・バレーを

取り囲むパキスタンと中国との国境、ヒマラヤから激流となって下る水溶性ミネラルを豊富に

含んだ川のせいであろうとされている」と。(米国の雑誌 Nutrient より)

ヒマラヤは4000万年前頃、海の底にあり、ユーラシア大陸とインド大陸がぶつかった結果、出来ました。
   よってエベレストの頂上付近から貝の化石が出てくるし、微量ミネラル(マグネシウム、バナジウム等、
  微量だが必要な)を豊富に含んだ土、岩があるのです。

               ─────────────────────────────

以下は 米国 国立がん研究所(NCI)配信の肺がん情報です。


小細胞肺がんに関する一般情報

肺がんは、気管支原性癌の約15%を占める。
小細胞肺がん患者の約30%は、診断時に原発巣と同側の胸郭、縦隔、又は 鎖骨上リンパ節に限局する腫瘍を認める。
これらの患者は、限局型疾患を有するものとして指定される。
[1] 腫瘍が鎖骨上窩リンパ節を越えて拡がっている患者は進展型疾患と呼ばれる。
小細胞肺がんは、肺がん の他の肺がん型に比べて化学療法および放射線療法で治癒率が高い。
しかし、小肺がん は 診断時までに広範囲に播種する傾向が強いため、治癒は達成するのが難しい。

発生率および死亡率

米国におけるSCLCの全発生率および死亡率は、過去20〜30年間で減少している。

[2] 米国において、2013年に推定される肺がん(小肺癌肺がん[SCLC]および非小肺がん[NSCLC]を合わせて)の新規症例数および死亡数
     ◦新規症例数:228,190。◦死亡数:159,480。





非小肺がんに関する一般情報

非小細胞 肺がん は、上皮性 肺がん のうち、小肺癌肺がん を除く全てのタイプが含まれる。非小細胞 肺がん で最もよくみられるタイプは、
扁平上皮がん、大細胞がん、及び 腺がんであるが、発生頻度は少ないが他のタイプもいくつかあり、全てのタイプがまれな組織学的変種で
発生する可能性がある。
非小肺がんは 喫煙と関係があるが、腺がんは たばこを吸っていない患者に認められることもある。分類的には 非小細胞 肺がん は、小 肺がん と
比較して相対的に化学療法及び放射線療法に対して 治癒率が低い。病巣が切除可能な患者では、手術単独 又は 手術と術後化学療法により
治癒する可能性がある。
病巣が切除不能な患者の多くは、放射線療法により局所制御を達成する可能性があるが、治癒が見られるのは少数の患者のみである。
局所的に進行し病巣が切除不能な患者では、放射線療法と化学療法の併用により長期生存が得られる可能性がある。
重度の転移性疾患の患者は、化学療法、標的化薬、および他の支持療法により、生存の改善および症状の緩和が得られる可能性がある。


肺がんの最初に戻る