肺扁平上皮がんの症状


肺がん の一種 肺扁平上皮がんは 比較的症状が早くから 現われるのが特徴です、肺門型がんが多い為、

がんが比較的小さなうちから、血痰や咳といった症状があらわれます。

これは、肺扁平上皮がんが肺門部に近い太い気管支に発生することが多いからだと思われます。

更にに進行した場合には 喘鳴(ぜいめい)、息切れなどを起こすことがあり、更には 胸壁や胸膜に浸潤した場合には胸水が

溜まってきたり(胸水貯留)、胸部痛や呼吸困難になることがあります(肺がん 患者の特徴)。

又、時には、神経が侵されることにより 腕の痛み や しびれ、胸や肩の痛み、顔面や上肢の浮腫などが見られることもあります。

尚、肺扁平上皮がんは、他の 肺がん と比べるとリンパ節など他の部位に転移しにくいと言われています。

その為 早期に発見できれば、完治する可能性も高まります。


肺がんのトップに戻る