再発しない為に

 

ガンから生還した患者さんは全員と言っていいほど、誰もが自分の体に気をつけるようになります。

当然と言えば当然です。もう二度とガンになりたくない気持ちは、ガンになった人にしかわかりません。

ただでさえ、再発の危険を抱えて生きているわけですから、注意しても し過ぎることはありません。

それでも再発してしまう人がいます。

再発する人と しない人との差は殆どありません。一つあるとすれば、

楽しく生活を送っているか、いないか ではないでしょうか。

勿論、食事、睡眠、運動といった部分には皆さん気を使っていますが、ガンの再発を怖がらずに

毎日を楽しんで暮らしている人は、まず再発しません。いつ再発するのだろうか、と、

毎日ビクビクしながら生活している人に再発することが多いようです。

何が違うとか言えば、気持ちが違うとしか言えません。よく「病は気から」と言うように、

まんざら気持ちや気合が病気を遠ざけるのは嘘ではないのです。

私のところでガンを完治させて来院しなくなった患者さんに連絡すると「濃縮ミネラル溶液があれば

ガンなんて怖くない」「身の周りにいる病気で苦しんでいる人に濃縮ミネラル溶液を飲んでもらって、

元気になってくれることが生きがい」など、医者冥利につきる言葉をいただけます。

逆に、頻繁に連絡があり「少し体がだるいのですが、もしかしたら再発したのではないでしょうか?」と、

相談してくる方もいらっしゃいます。

定期的に検査をして再発していないのを確かめているのですが、生活に楽しみを持っていない為に、

気にする必要のないことまで気になってしまうのです。気にする事で不安が募り、それがストレスとなって

本当にガンを再発させてしまう事は、充分に考えられます。

では、ガンが再発していない人は、具体的にどのような生活を送っているのでしょう。

まず、規則正しく、食生活に気を配っています。それに転ばぬ先の杖として濃縮ミネラル溶液を飲み続けています。

ただ飲んでいるのではなく、毎日欠かさず飲むことで「これを飲んでいるから大丈夫だ」と言う健康への自信を

日々深めているのです。そしてこれが最も大事な事ですが、毎日の生活に楽しみを持っているのです。

趣味でも、人の世話でも、何でも良いのです。「興味がもてるものなんて無い」と、諦めずに、趣味が無ければ

何でもまずやってみることが大事なようです。第二の人生ではないけれど、ガンを患っていた生活から

脱出できた訳ですから、新たな生活を送るのだと思って心機一転、何にでも挑戦してみる。

これが病気を寄せ付けない秘訣だと思います(医師 野島尚武)。

       ─────────────────────────────

つい最近「他人に対して良い事をする事は 脳の血流をよくすることに繋がる科学的証明がなされました」


肺がんのトップに戻る