副作用を抑える(肺がん対策)

末期ガンは 猛烈な痛みを伴います。この痛みは 大きくなったが他の組織を圧迫して痛みの

症状となり、ガン細胞が浸潤していく時に、感覚神経を刺激して起ると考えられます。

ガン細胞そのものには 痛みの要因は無いのです。肺がんも同様です。

を摂取すると、痛みから解放されるのは、ミネラルによって活性化された免疫細胞・

NK細胞がガンの成長を阻害して、浸潤しつつあるガンを死滅させ、感覚神経を刺激しなくなるからだと思われます。

自体には、鎮痛作用も神経をブロックする働きもないからです。

ミネラルを摂取して、ガン治療の副作用が抑えられるのは、抗癌剤や放射線で破壊された

によって代謝が活性化されて、すみやかに修復されるからです。それに抗癌剤を肝臓で解毒することで

副作用を止めている可能性もあります。肺がん患者も同様です。

は 食物から得た栄養素・有機化合物によって細胞呼吸をし、アデノシン三リン酸という科学エネルギーを

作り出し、それが酵素によって分解される際に、エネルギーを発生させ、細胞の活動に使われます。

つまり、いくら栄養素があっても、酵素の助けが無ければ細胞の活動の源のエネルギーは 得られないということです。

エネルギーを発生させるために、酵素は 1秒間に1万回以上の振動をします。その原動力となるのが微量元素と

それ以外のミネラルなのです。溶液を摂取する事で ガンに侵されて 元気をなくしていた酵素が

再び活発に働き始めます。にエネルギーを送り込み 正常な細胞を生き返らせるのです。

代謝が健全に行われれば、副作用に打ち勝つ体力を自然に取り戻す事が出来ます。

更にもう一つ考えられるのが、摂取する事によって 肝臓の解毒作用を行う酵素が よく働くようになって、単純に

抗癌剤と言う毒を解毒しただけと言う事です。これは 肺がん末期の方にも言えることです。

この事は 溶液で、二日酔いを急速に解消できる事から推測する事が出来ます。

血中のアルコール濃度を数分で激減させる、その解毒作用は 並ではありません。

 


肺がんの最初に戻る