大細胞肺がんの症状(肺がん 患者)

 

肺がん の一種 大細胞肺がんは 肺野型(末梢肺野に発生する)がんが多く、初期段階では なかなか症状は出ません。

しかし、癌が進行してくると腺がんと同様に末梢に発生するので様々な症状が見られるようになります。

例えば、咳が続いたり、痰(血痰)、喘鳴(ぜいめい)、息切れなどを起こすことがあります。その他、肩こり、肩痛、背中の上部痛、

肩から上腕にかけての痛みもまれにあります。

更に胸壁や胸膜に浸潤した場合には胸水が溜まってきたり(胸水貯留)、胸部痛や背中や わき腹がチクチク痛んだり、

呼吸困難になることがあります(肺がん患者の症状)。

又、時には、神経が侵されることにより 腕の痛み や しびれ、胸や肩の痛み、顔面や上肢の浮腫などが見られることもあります。


肺がんのトップに戻る